育毛、発毛、これだけは聞いてくれ



育毛、発毛に関する情報が世にあふれています。薄毛対策についてこれだけは言いたいことを、このブログにて話します。
KKKK.jpg
 

�J�e�S���[�F薄毛原因としてのストレス

2011年02月27日

薄毛原因としてのストレス説の真偽

ストレスとハゲ、薄毛の関係の真偽を考えます。


私は、ストレスとハゲは密接な関係にあると考えます。


実体験から。


私の友人、知人でもストレスが原因と思われるハゲ、薄毛の事例は多いしね。


ストレスはハゲの原因ではない、という人もいます。


「ストレスが原因なら、戦争のあったころ、戦場に行った兵士は、いつ死ぬかもしれない大きなストレスをかかえていた。それなのに、みんながハゲになったとは聞いたことがない。」


などというのです。


たしかに。


このおうなことは、科学的には、なかなか証明はできないのですが、やはり「ハゲ遺伝子」というものが、関与していると私は思います。



薄毛遺伝子を100ポイント持っている人が100ポイントのストレスを受けると10000ポイントの大きさで薄毛が進行する。 100×100=10000



薄毛遺伝子が0ポイントの人が100ポイントのストレスを受けると 0×100=0


薄毛遺伝子を100ポイント持つ人が、ストレスだと100×0=0


となります。



実際にはストレスが0という状況はないのでしょうが。



ふつう考えられるのは


薄毛遺伝子100×ストレス20=薄毛化パワー2000


の状態から、ストレスが多くかかるようになると、



薄毛遺伝子100×ストレス80=薄毛化8000パワー


となるのでしょう。



げに恐るべきはストレスですよ。


ストレスがあるとハゲやすい人は、きっとハゲると私は思います。


なので、自分のいくつかのブログではリラックスするハーブのセントジョーンズワートや、ストレス解消の本を何冊も勧めてきたのです。


いまなら、これもよいです。



3分〜でOK!我慢出来ないストレスをあっという間に消し去る、ストレス解消プログラム



私も20代半ばで薄毛化が進行しましたが、大学生活の延長のような生活なら、薄毛化は進まなかったのではないかと、よく思います。



大学卒業後、民間の会社に入りましたが、毎日夜の9時〜10時まで残業続きでした。


いくら若くとも、身体にも、心にも、そして髪の毛にとってもよいはずがないのです。


幸いにも、「漢方育毛法」によって、髪の毛は復活し、「ハゲ遺伝子との戦い方」についても熟知することになりました。



25歳の薄毛遺伝子の活発化から、もう、私も53歳ですよ。


30年近く強烈な薄毛遺伝子を体内に抱えつつも、いまや、平均的な髪の毛のボリュームといえるのですよ。

周りの同年代の人たちが、年齢とともに薄毛化が進行したのでね。


相対的に、髪の毛が平均的なものとみなされるようになったのです。



いまや、ハゲの恐怖からは自由になったのです。


トップページに戻る
人気記事ベスト3

この育毛サプリがすごい
右矢印1 育毛サプリメント

3447134_0.jpg

プロフィール
年齢:平成26年現在56歳
誕生日:・・・
職業:某有名家庭食品メーカーのセールス担当
ウェブサイトURL:・・・
一言:::24歳でご先祖さまより受け継いだハゲ遺伝子が活発化。ハンサムだけが取り柄なのにカッコ悪くなる恐怖におびえた日々。育毛漢方で、それも杞憂に終わり、懐かしい思い出となりました。けれども、安心はしていません。いえ、一生気を抜いてはいけないのです。それが「ハゲ遺伝子」を持った男の宿命なのです。愛媛県在住。
カテゴリ
最近の記事
過去ログ
リンク集